fc2ブログ

記事一覧

USUM使用パーティ紹介

ソードシールドが発売しましたが、ついに自分はUSUMでは1位を取れませんでした。惜しいところまで行ったことは何度かありましたが、結局最終レートでは1度も目標を達成できませんでした。こうしたものは1位を取らないことには価値がないと思うのでこれまでパーティを公開して来ませんでしたが、まあUSUMが終わった今では今更バラしても特に損もあるまいということで、弔いも兼ねて自分が使っていた3つのパーティを紹介しておきます。まあ1位を取れなかった欠陥品なので、そんなに詳しく解説するつもりはありません。一応全部順位1桁は取ったことがあったんだったか。

 

ちなみに、選出率順に左から並べています。一番左のポケモンは全試合選出していたポケモンです。

 

【エスパートリパ】

 oranguru.giftapulele.gifcamerupt-mega.gifreuniclus.gifツンデツンデstaraptor.gif

 

エスパートリパ

 

解説

元となった発想は、うちの弟が使っていたという、『トリックルームのラストターンに相手の両守るを読んで2体でトリックルームを使うことで無理矢理トリルのターンを引き延ばす』という戦法です。自分でも検討してみた結果、『十分使える戦法である』という結論になったものの、恐ろしく攻撃的なトリックルームという戦法は生半可な火力では生かせません。ということで、『火力の高いトリックルーム要因』が複数必要であり、しかも初動でトリルを貼るためにはある程度耐久も必要。単体で火力と耐久の両方を備えたトリックルーマーはサーナイトとツンデツンデくらいしかいませんでしたが、サーナイトはガチトリパで使うには速すぎますし、4倍弱点が2つもある上に威嚇も効くツンデツンデは先発には向きません。

単体で実現できないからには『味方の力を借りて火力を上げる』という手続きが必要であり、そのために入ってきたのが眼鏡テテフです。先発で無理矢理敵を1体縛ってトリルを貼る隙を作ってもらい、放置不可能な火力故にトリル後に退場しようとしなくても勝手に倒してくれる。死後にサイコフィールドを残してもらえれば、その後はHP満タンの相手を縛れるクラスの火力を持つトリックルーマー3体に暴れてもらえます。なお、ムクホークはいかにも先発で出てきそうなポケモンということで相手の選出を縛るためにいます。どうしてもテテフだときつそうかなと思った相手には出しますが、基本的には飾りです。

 

 

問題点

・そもそも『ガチトリパ』というのが構造的に無理があるものでした。実際に使ってみて知ったんですが、『トリックルーム』という場は、起動条件が厳しいだけあって、天候やフィールドと比較して、はっきり言って強すぎる。強すぎるが故に、トリックルーム下では味方が倒されることがほとんどないので、4体用意する意味がないんです。雨も相当強力な『場』ですが、それでも普通に戦っていれば1体や2体は倒されるからすいすいを3体入れる意味がある。実際にガチトリパを使ったことがある人は分かると思いますが、4体全部使って勝つということがほぼないので、特化する意味があまりないんです。

・ダブルトリックルームが使える場面が意外と限定的でした。トリルラストターンに守れる状況なら9割方守ってくれますが、4ターン目あたりで両守ってくることも多いので、毎試合使えるような戦法でもないです。

・ヤレユータンが思ったほど強くない。采配は結構状況を選ぶ技だったし、サイコフィールドのおかげで猫騙しは効かないから精神力もあまり意味がない。タイプが結構強いからという理由で使っていましたが、今思えばゴチルゼルの方が良かったかな。


 

その他

・夢特性の解禁に伴うガオガエンの大増殖のあおりを受けたのは確かです。悪タイプはある程度テテフでおさえられるという算段だったんですが、奴はフェアリー等倍だ。ちなみにキリキザンも苦手です。

 

 

【威嚇晴れパ】

 charizard-megay.gifarcanine.gifガオガエンtapubulu.gifvenusaur.gifgreninja.gif


威嚇晴れパ

 

 

解説

元となった発想は、『晴れパが雨パに勝っている部分』。『どうしてすいすい持ちの水タイプはいるのに葉緑素持ちも炎タイプはいないのか』と考えた結果、『晴れが炎タイプに与える恩恵は雨が水タイプに与える恩恵よりも大きいので、葉緑素持ちの炎タイプを出すとゲームバランスが崩壊するから』という結論に。『晴れ』の効果の一つ『水技半減』によって炎タイプは弱点が一つ消えているので、防御面でも役に立っているんです。逆に雨の効果の一つ『炎技半減』は、素で炎半減の水タイプにとってはほとんど意味がありません。

だから炎タイプで固める価値はあるんですが、残念ながら炎タイプの弱点は水だけではなく地面も岩もあります。水技を抑えただけで十分な防御性能とはいえない。しかし地面と岩技はほとんどが物理技であるが故に、威嚇である程度押さえ込むことが可能です。おあつらえ向きに威嚇を持った炎タイプで十分に強力なポケモンが2体いました。晴れと威嚇の3体がかりでお互いの弱点を打ち消し合い、防御性能をフルに発揮して殴り合いに勝つという『威嚇晴れ』が完成したのです。

実際の動きを考えると、リザードン+威嚇炎を初手で出して後続にも威嚇炎を控える、というのが自然です。ただ、弱点が少なく防御面に長けているといっても、それはサイクル戦をせずに済むというだけで、有利を取ろうと思ったら初手からある程度等倍の相手を縛る必要があります。晴れで火力はサポートできますが、葉緑素は初動では発動してくれないので速度は場の力を借りられません。なので速度は無理矢理スカーフで補い、相手の威嚇を無視して突っ切るための特殊スカーフウインディが実質的な主役となりました。特殊霊獣ランドロスなんて訳のわからんものが出てくるくらい『威嚇の効かない威嚇持ち』は強いです。基本的に炎技しか使わないから拘りのデメリットがあんまり気にならないのと、オーバーヒート後にガオガエンと前後に切り替えて防御に回る動きで、追い風やトリル相手の時間稼ぎにも長けているのが強みですかね。

 

 

問題点

・構造的な問題として、『リザードンがサポートする側に回ってしまっている』ということ。そのうち記事にしようかと思っていますが、ポケモンは能力500のポケモンが2体いるよりも能力400のポケモンと能力600のポケモンが1体ずついる方が強いゲームで、それ故にパーティの『弱い』をペリッパーが1体で引き受けて、ひたすら他を強くすることのみに特化していた『限界雨』は強かった。このパーティの場合、本来パーティで一番強いポケモンである『メガシンカ』がサポートする側に使ってしまっているが故に、パワーバランスの偏りがなく、『全員満遍なく強い』という形になってしまっています。このパーティでリザードンが倒されることのダメージは限界雨でペリッパーが倒されることのダメージよりも遥かに大きいので、ポケモンを切り捨てる動きがしづらく、立ち回りが非常に窮屈です。GSルールで雨パが別に強くないのもここら辺が理由だったりします。一番強いポケモンが始動要員であるカイオーガですから。

・岩地面対策を威嚇に頼っているので、どうしようもなくウツロイドが苦手です。威嚇が効かない・主要2体の4倍弱点をついてくる・リザードンよりも少しだけ速い・特殊方面がかなり硬い・格闘技で弱点付けない・あんまり重くないと、攻防速のすべてにおいて天敵でした。まともに戦えるポケモンがフシギバナしかいないし、しかもフシギバナも別に有利でもない。


 

その他

・炎で固めたパーティとなると、苦手な相手としてヒードランの名前が出てきそうですが、手元のデータによると8割以上ヒードランには勝っていました。こんだけ炎に特化したパーティにすら分が悪いとなると、本当にあいつの存在意義ってどこにあったんだろう(第6世代の頃に散々TODを仕掛けられたものだから、自分の中にはヒードランへのヘイトが溜まっています)。

 

 

【超限界雨パ】

 pelipper[1]kingdra.gifswampert-mega.gifludicolo.gifferrothorn.gifmetagross-mega.gif

 

超限界雨パ

 

解説

基本は限界雨と同じなんですが、リザードン相手だと、サポートに特化された時には分が悪い、ということでニョロトノを別のポケモンに変えられないかと模索した結果です。バンギラスやコータスやユキノオー相手にはニョロトノは相当便利でしたが、リザードンは殴らずに日照り+追い風のサポートに特化されれば一方的な天候合戦を押しつけられます。ぶっちゃけ限界雨が有名になったせいでキングドラの雨乞いが読まれるようになったものだから、他の方法を考えなければならなくなったという話です。

だからといってリザードンに単体で有利なポケモンを入れれば相性が改善されるかといえば、そんなわけはないです。『リザードンが苦手だからリザードンに有利なポケモンを入れよう』なんて考え方をしていたら一生勝てません。この場合、リザードンが天候の妨害に特化して一切殴ってこないというのが問題だったわけで、ならばむしろ雨の土俵に引きずり込むためには単体でリザードンが苦手なポケモンの方が望ましい。『雨降らしでもすいすいでもないポケモン、かつリザードンに攻防両面で苦手なポケモンを先発でリザードンにぶつけて、先手で雨乞いを使うことで無理やり天候合戦をする』という結論には割と速く至ったんですが、メタグロスにたどり着くには時間がかかりました。パーティ最強のポケモンがラグラージだから、無意識にメガシンカは候補から外していたんですよね。

 


問題点

・対天候戦においては、まず読まれないメタグロスの雨乞いが強みなので、再戦時には勝率が下がります。こっちも相手を覚えていれば互角にはなるんですが、リザードンもバンギラスも似たようなパーティが多いもんだからいちいち覚えていられないんですよ。逆に相手は、初手でメタグロスが雨乞いをしてくるパーティはそうそう忘れないでしょうから、一方的に相手が情報のアドバンテージを持った状態で試合する羽目になります。

・身代わり(or眠るorリフレッシュ)持ちのガードシェアラッキーにはほぼ勝てません。うまいことトリル要因が怯んだり混乱したりしてトリルを貼るのに失敗してくれるくらいしか勝ち目がない。上2つのパーティは拘っている連中の空きスペースで対応できましたが、このパーティの拘りアイテム持ちであるナットレイは吠えるも吹き飛ばしも滅びの歌も覚えないんですよ。昔は毒毒でもなんとかなっていたんですが、最後の方のガードシェアラッキーは大体身代わりを持っていたから無理でした。

 


その他

・USUMでは雨パは使わないといっておきながら結局ここに帰ってきてしまいましたが、多分、このパーティをもっと早く思いついていればどこかのタイミングで1回くらいは1位が取れたと思います。色々なパーティを試してみようと思ったのが失敗だったかな。

oras時代から自分が散々お世話になってきたキングドラですが、第8世代では続投せず。お疲れ様でした。

スポンサーサイト



コメント

No title

記事執筆お疲れ様です。相変わらずパーティの圧が強くて何故か笑ってしまいました。
数値で押すという構築思想が自分も同じ考えなのですが、同様の構築方法を取っているプレイヤーが少なく自分の力では考察に限界があるところ、高次で論じているこのブログは非常に参考にさせていただいています。
新作でも、独創的なパーティ構築や理論記事を楽しみにしています。

Re: No title

コメントありがとうございます。

> 記事執筆お疲れ様です。相変わらずパーティの圧が強くて何故か笑ってしまいました。

基本的に自分はこういうパーティしか作らないんですよね。これが強いと思っているというもありますし、それ以前に考えていて楽しいパーティがこういうのなんです。


> 数値で押すという構築思想が自分も同じ考えなのですが、同様の構築方法を取っているプレイヤーが少なく自分の力では考察に限界があるところ、高次で論じているこのブログは非常に参考にさせていただいています。
> 新作でも、独創的なパーティ構築や理論記事を楽しみにしています。

どうもです。まだストーリーもクリアしていないので、レートに参戦するのは大分先になりそうですが、考えていることだけは色々あるので、気長にお待ちください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジロウ

Author:ジロウ
ポケモンダブル勢。好きなポケモンはヌケニンとチェリム、クチート、あとランターン。
ブログ名通りにポケモンの机上論をつらつら書き連ねる予定。